ゼラチン料理レシピ

レシピのトップへ戻る 介護向け デザート 料理

ハムのムーステリーヌ

〜作るの簡単!ゼラチンメモ〜

ロースハムの塩味を利用し、炒めた玉ねぎの甘さと牛乳のまろやかさを加えた、ムースのような口どけでなめらかなテリーヌです。

なめらかなムース状でねっとりした食感は、ニューシルバー顆粒ゼラチンの特性です。温かい液体にそのまま振り込めるので、作業性が良く便利です。

ハムのムーステリーヌ

   料理・近藤清子 撮影・平井研二
  材料  ( 出来上がり量 400cc )
 ロースハム 80g
 玉ねぎ 1/2個
 牛乳 200cc
 ピーマン(赤、緑) 各1個
12g
 白こしょう・ナツメグ・サラダ油
 バゲット
適宜
  下準備
  ・
ピーマンはヘタと種を取り除いて塩茹でし、5mm角に切っておく。キッチンペーパーなどで水気をしっかり拭いておく。

作り方

手順1写真 1. 玉ねぎはみじん切りにし、サラダ油小さじ2を温めた鍋で色がつかないように炒める。透き通ってきたら牛乳と牛乳の半量の水を加え、玉ねぎの形が崩れてとろっとした状態になるまで弱火で煮る。(写真a)全体量を測り、250ccに足りない場合は熱湯を足す。
手順2写真 2. 1をボールに移し、ゼラチンを振り入れて溶かす。(写真b)白こしょうをふたつまみ、ナツメグ少々を加え、常温にまで下げる。
手順3写真 3.
アスパラを並べているところ加えて攪拌する
ハムは周囲のかたいところを取り除き、細かく切ってからフードプロセッサーに入れ、攪はんする。(写真c)
2を加えて更に攪はんし、なめらかな状態にする。
手順4写真 4.
アスパラを並べているところ型に流し入れる
下準備したピーマンを加えて混ぜ(写真d)、テリーヌ型に入れて表面をならす。冷蔵庫に入れ、しっかりと冷やし固める。
バゲットの薄切りを添えて供する。

近藤清子(料理研究家/NR)

幼少より食を大事にする環境で育ち、様々な分野のプロに師事。作る人、食べる人の心と体に、地球に優しい料理作りを心がけ、幅広いジャンルのオリジナルレシピを多数発表し好評を得ている。料理・菓子だけでなく、介護メニューにも高品質な新田ゼラチンの商品を愛用。NR認定を取得し、生活習慣病予防をはじめ病気予防のためのより効果的な食の摂り方と作り方を研究中。実践に基づく独自の視点で企業の商品開発などにアイデアを惜しみなく提供している。著書に『母さんの甘いもの』『母さんのレシピ』。*NR…独立行政法人・国立健康栄養研究所認定の栄養情報担当者。